再びあの舞台へ 阪神・横田慎太郎選手

本日、プロ野球2019年シーズン開幕を迎えますが、

阪神タイガース 2016年シーズン、金本監督元年の開幕オーダーを覚えていますでしょうか?


1 高山

2 横田

3 ヘイグ

4 福留

5 ゴメス

6 鳥谷

7 西岡

8 岡崎

9 メッセンジャー


高山選手と並んで超変革の申し子横田慎太郎選手は開幕戦でセンター2番でスタメン出場していました。

そんな彼は今、阪神タイガースのファーム練習場、鳴尾浜球場で支配下登録、1軍復帰を目指して毎日汗をかいて必死に練習に励んでいます。

私は横田選手が病院に入院中から横田選手専属の球団リハビリ担当として付き添いました。

ボールが触りたくてしょうがない横田選手と病院の敷地内でキャッチボールをしたり、

鳴尾浜の選手寮、虎風荘に戻ってきてからは一緒に球場内を散歩から始めました。少し歩けるようになってからは球場外をゆっくり時間をかけて散歩していると、少し彼が遅れ始めておかしいなと思ったのですが、彼は何も言わずに歩いていました。寮に戻ると彼が自分に、「土屋さん僕歩いただけで足攣っちゃいました。まだまだですね。」と笑いながら言っていて、途中で絶対に弱音は吐かず、何事も最後まで全うしようという姿勢はリハビリ継続中の現在でも変わらず徹底しています。まだ試合には出られずにベンチで戦況を見守っていますが、毎試合大声でチームメイトを応援しています。必ず試合に出られる日が来ると本人は信じていますし、私もその日が来ると信じています。復帰試合は必ず球場に駆け付け、横田選手のフルスイング、全力疾走を目に焼き付けようと思います。是非皆さんも練習から常に全力プレーの横田選手を鳴尾浜球場に応援しにいってあげてください!


パーソナルジム 芦屋

COUGS(クーグス)

TEL: 0797-23-5580

E-mail: atsuchiya@cougs.jp





0コメント

  • 1000 / 1000